映画俳優のプロフィール

女優編 ヤ〜ラ〜ワ


映画の部屋トップ    トップページ

   映画俳優のプロフィー
男優  ア行 カ行 サ行 タ行
ナ行 ハ行 マ行 ヤラワ行
女優 ア行 カ行 サ行 タ行
ナ行 ハ行 マ行 ヤラワ行


 

名   前

最近の出演作品

プロフィール

薬師丸 ひろ子

『今度は愛妻家』10年
ALWAYS三丁目の夕日'64』12年

1964年東京都出身。1978年、角川映画『野性の証明』のオーディションに合格。以後、『ねらわれた学園』、『セーラー服と機関銃』、『探偵物語』、『翔んだカップル』などに出演。原田知世、渡辺典子と共に「角川三人娘」で、1980年代の角川映画の看板女優。1981年、自ら歌った「セーラー服と機関銃」が大ヒット。 主な映画出演作は「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005年)、「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」(2006年)、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(2007年)、「うた魂♪」(2008年)、「今度は愛妻家」(2010年)など。

八千草薫

舟を編む』13年



1931年生まれ、大阪府出身。1947年に宝塚歌劇団入団。1952年『源氏物語』の初演で可憐で無垢な若紫を内・外面とも見事に表現し絶大な評判と人気を博す。以降は美貌・清純派の娘役として宝塚の一時代を風靡。1951年の『虞美人』、1952年の『ジャワの踊り子』に出演している。ドラマでは“浮世離れしたお嬢さん出の奥様”役が多い。

山田 優

『のだめカンタービレ最終章前編』09年
『のだめカンタービレ最終章後編』10年

1984年沖縄県出身。テレビ東京の番組「おはスタ」では、おはガールとしてレギュラー出演。2000年に、「y'z factory」として活動していた傍ら、小学館発行のファッション雑誌「CanCam」の専属モデルとして活動開始。また、数多くのCMイメージモデルにも起用。2003年から『F1グランプリ』キャスター。、同年オンエアの音楽バラエティ番組『ミンナのテレビ』では、番組司会を務める。

ユーナ・スタッブス

シャーロック』16年

1937年生まれ、イングランド、ハートフォードシャー州出身。イギリスのテレビ・舞台・映画女優。イギリスでは、シットコム Till Death Us Do Part で演じたリタや、子供向けシリーズ Worzel Gummidge で演じたサリーおばさん役で知られる。またTVシリーズ『ワーストウイッチ』 (en) で演じたバットさん役でも有名である。最近では『SHERLOCK』でシャーロックの大家ハドスン夫人を演じている。

ユーリヤ・スニギル

ダイハード5』13年

1983年生まれ、ロシア・トゥーラ州ドンスコイ出身。主な映像作品は、ダイ・ハード/ラスト・デイ(2013) 出演 、プリズナー・オブ・パワー 囚われの惑星?(2008) 出演 。

優香

ギャラクシー街道』15年

1980年生まれ、東京都あきる野市出身。 2004年、大河ドラマ『新選組!』でヒロイン役に抜擢され、深雪太夫とお孝(深雪太夫の妹)の1人2役を演じた。映画では2015年三谷幸喜監督・脚本の「ギャラクシー街道」などに出演。

ユマ・サーマン

『KILL BILL』03年
『ペイ・チェック』04年
『KILL BILL−2』04年
『プロデューサズ』06年

1970年アメリカ、ボストン生まれ。ファッション・モデルとして知名度を上げ、87年、「ミッドナイト・ガール」で映画デビュー。89年、「バロン」の貝殻のお姫様役で注目される。タランティーノの大ヒット作「パルプ・フィクション」でアカデミー助演女優賞にノミネートされた。91年、「ロビン・フッド」の撮影中にゲイリー・オールドマンと電撃結婚したが、その後離婚。

余 貴美子

『おくりびと』09年
『悪人』10年
あなたへ』12年
横道世之介』13年
後妻業の女』16年

神奈川県横浜市出身。 『学校III』などでブルーリボン賞助演女優賞、毎日映画コンクール女優助演賞、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。1999年度には『兄弟』などでギャラクシー賞個人賞を受賞。2003年には『ホテルハイビスカス』などでヨコハマ映画祭助演女優賞、高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞。2008年度には『おくりびと』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。

吉高 由里子 

GANTZ2』 11年
探偵はBarにいる』11年
横道世之介』13年
真夏の方程式』13年

1988年生まれ、東京都出身。 2006年、映画『紀子の食卓』でデビュー。ヨコハマ映画祭最優秀新人賞受賞。この出来事がきっかけで、金原ひとみの『蛇にピアス』に感銘を受け、蜷川幸雄監督による映画化にて主演、デビュー以来初のヌードを披露。2009年、フジテレビ系月9ドラマ『東京DOGS』のヒロインに抜擢される。2010年7月、日本テレビ系『美丘 -君がいた日々-』で連続ドラマ初主演。

吉田 羊 

ビリギャル』15年
脳内ポイズンベリー』15年
HERO(2015)』15年
グッドモーニングショー』16年
SCOOP!』16年

福岡県久留米市出身。1997年、小劇場の舞台で女優としてデビュー。10年にわたって小劇場を中心に活動。出演舞台を見にきた現在のマネージャーに「映像をやりませんか」とスカウトされ、2007年初めて事務所に所属。転機となったのは翌2008年に出演したNHK連続テレビ小説『瞳』。2011年から2012年にNHK大河ドラマ『江?姫たちの戦国?』『平清盛 』に2年連続で出演、2012年NHK連続テレビ小説『純と愛』にレギュラー出演。2014年テレビドラマ『HERO』での女性検事役に抜擢、11年ぶりに髪を切りボブカットにして臨み一躍注目を集める。

吉永 小百合

『おとうと』10年
北のカナリアたち』12年
ふしぎな岬の物語』14年

1945年東京都出身。1959年 『朝を呼ぶ口笛』で映画デビュー。 1962年 『キューポラのある街』に出演。ビクターから『寒い朝』でレコードデビューし20万枚のヒット。橋幸夫とデュエットし30万枚の大ヒットとなった『いつでも夢を』で「第4回日本レコード大賞」受賞。この頃から日活の清純派女優として浜田光夫とコンビを組む。 1985年 『おはん』、『天国の駅』の演技で、「日本アカデミー賞最優秀主演女優賞」初受賞。1989年2001年、2006年と、最優秀主演女優賞を計4度受賞。母べえ(2008年) まぼろしの邪馬台国、 おとうと(2009年)などに出演。

吉行 和子

ひまわりと小犬の7日間』13年
思い出のマーニー』14年

1935年生まれ、東京都出身。1955年初舞台。1957年『アンネの日記』のアンネ・フランク役に抜擢主役デビュー。1955年『由起子』で映画デビュー。1959年『にあんちゃん』『才女気質』の演技で毎日映画コンクール女優助演賞受賞。1978年大島渚監督の『愛の亡霊』に主演して世間を驚かせ、日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。『折り梅』などで2002年毎日映画コンクール田中絹代賞を受賞。『おかあさんといっしょ』の「おはなしこんにちは」のコーナーでお話のお姉さんとして茶の間にも親しまれる。

ヨランド・モロー

神様メール』16年

1953年生まれ、ベルギー・ブリュッセル出身。1982年舞台女優として一人芝居に出演。映画『アメリ』ではコンシェルジュを演じる。2004年に自身が監督・脚本・主演をこなしたコメディ『Quand la mer monte...』でセザール賞主演女優賞を受賞。2008年、『セラフィーヌの庭』で第44回全米映画批評家協会賞、第35回ロサンゼルス映画批評家協会賞、第22回ヨーロッパ映画賞、第34回セザール賞の主演女優賞を受賞。

ライザ・ミネリ

『SEX AND THE CITY 2』10年

1946年生まれ アメリカ/カリフォルニア州出身。14歳でニューヨークの舞台でデビュー。17歳でオフ・ブロードウェイに出演し、65年にはトニー賞を受賞。映画は67年“Charlie Bubbles”で本格的にデビュー。72年に「キャバレー」でアカデミー主演女優賞を受賞。近年、映画出演はしていないが、エンターテイナーとして活躍。

ラウラ・モランテ

『息子の部屋』02年

1956年南トスカーナ出身。舞台、TVでキャリアを始め、80年『遺失物』にて麻薬中毒で体を売る女の子という端役でデビュー。81年『ある愚か者の悲劇』、8年『監督ミケーレの黄金の夢』、84年『僕のビアンカ』などに出演。80年代中盤よりパリに活動の場を移ししばしばイタリアでも仕事をしている。

ラフィー・キャシディ

トゥモローランド』15年

2001年生まれ、イングランド、グレーター・マンチェスター出身。 2人の兄フィニーとモッシ―、1人の姉グレースもそれぞれ役者として活躍。2012年公開の映画『ダーク・シャドウ』でアンジェリーク・ブシャール (エヴァ・グリーン)の若いころを演じ、さらに同年公開の映画『スノーホワイト』で幼少時のスノーホワイト (クリステン・スチュワート)を演じた。2015年『トゥモローランド』で謎の少女アテナを演じている。

ララ・フリン・ボイル

『メン・イン・ブラック2』02年

1970年アイオワ州生まれ。15歳でTVシリーズ「アメリカ」に出演。1988年「ポルター・ガイスト3」で映画デビュー。90年「ツイン・ピークス」で一躍人気女優の仲間入りを果たす。以降90年「ルーキー」、91年「モブスターズ」、92年「スリーサム、「ケロッグ博士」、97年「アフターグロウ」、98年「ハピネス」などに出演。

リーズ・ウィザースプーン

『キューティ・ブロンド』02年
『メラニーは行く』03年
ブラック&ホワイト』12年
SING/シング』17年

1976年テネシー州生まれ。 「マン・イン・ザ・ムーン/憧れの人」(91)で映画デビュー。96年、「連鎖犯罪/逃げられない女」(96)での演技で絶賛を浴びる。 その後、「カラー・オブ・ハート」(98)でコミカルな才能を示す。99年、ラクロの小説「危険な関係」を現代に置き換えた「クルーエル・インテンションズ」(99)に出演したリーズは、ライアン・フィリップ演じるプレイボーイの心を掴む、清純な娘を演じた。

リー・ビンビン

バイオ・ハザード5』12年

1976年生まれ、中国・黒竜江省ハルビン市出身。1994年にデビュー。 2000年、『ただいま』の演技により、第13回シンガポール国際映画祭最優秀女優賞を受賞。 2008年には『雲水謠』で第17回中国金鶏百花電影奨・最優秀主演女優賞を受賞。同年公開の『ドラゴン・キングダム』で、ハリウッド映画デビュー。 2009年には「風聲」で第46回台湾金馬賞・最優秀主演女優賞を受賞。 2012年、ハリウッド映画『バイオハザードV リトリビューション』に出演。

リサ・クードロー

『電話で抱きしめて』00年

1963年アメリカ生まれ。名門女子大バッサーで生物学の学位を取得。兄弟の友人で俳優・コメディアンのジョン・ロビッツの薦めで女優を志す。テレビシリーズ「フレンズ」のフィービー・バッフェイ役で有名になる。 2000年『電話で抱きしめて』

リヴ・タイラー

『ロード・オブ・ザ・リング』02年

1977年、アメリカ生まれ。1994年にアリシア・シルバーストーンと一緒に“エアロスミス”のミュージック・ビデオに出演したことから、徐々に注目。これを期に、「精神分析医J」(94)にて映画デビューを果たし、「魅せられて」(96)の出演により、一躍トップスター。以降、「すべてをあなたに」(96)「Uターン」(97)「秘密の絆」(97)等に出演し、「アルマゲドン」(98)にて完全ブレイクした。最近では、「クッキー・フォーチュン」(99)「ジュエルに気をつけろ!」(01)等がある。

リリー・コリンズ

『しあわせの隠れ場所』10年

1989年英国ウェストサセックス州生まれ。TVシリーズ「愉快なシーバー家」(85〜92)で幼児期から演技を始める。15歳で任期ファッション誌の仕事を始めたときからジャーナリズムへの情熱に目覚める。 TVシリーズ「90210」(08年〜)では2本のエピソードに出演。

リン・ウィットフィールド

『理想の彼氏』09年

1953年、アメリカ/ルイジアナ州出身。

ルイーズ・ブルゴワン

『アデル』10年

1981年生まれ。フランス レンヌ出身。06年Canal+の「ミス天気予報」に抜擢。毎回趣向を凝らしたファッションで登場し人気コーナーとして一躍脚光を浴びる。主な出演作は08年「Sweet Valentine」、09年「Le petit Nicolas」などに出演。

ルーシー・リュー

『チャーリーズ・エンジェル』00年
『チャーリーズ・エンジェル2』03年
『バリスティック』03年
「KILL BILL」03年
『ラッキーナンバーセブン』07年

1968年ニューヨーク生まれ。ミシガン大学在学中に「ふしぎの国のアリス」のオーディションを受けたところ主役に抜擢され女優としてのキャリアが始まる。 主な出演作品は「アリー・マイラブ」、「ペイバック」、「ザ・エージェント」、「トゥルー・クライム」、「シャンハイ・ヌーン」、『チャーリーズ・エンジェル』など

ルース・ウィルソン

ローン・レンジャー』13年

1982年生まれ、イングランド サリー州出身。10代の頃よりモデル活動を始めながら、ノッティンガム大学に入学し歴史を専攻。2003年に大学を卒業し、London Academy of Music and Dramatic Artで演劇を学び、2005年に卒業した。主な映画出演作は2012年「アンナ・カレーニナ」、2013年「ローン・レンジャー」

ルーニー・マーラ

『ソーシャル・ネットワーク』11年
ドラゴン・タトゥーの女』12年
PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜』15年
LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』17年

1985年生まれ アメリカ/ニューヨーク州出身。アイルランド系アメリカ人の家系であり、大叔父のダン・ルーニーはアイルランド財団(アイルランド系の人々への援助を目的とする財団)のアメリカ代表を務めていた。高校卒業後にエクアドル、ペルー、ボリビアなどの南米を4か月旅した。その後ニューヨーク大学に進学。心理学などを学んだ。2010年に卒業

レア・セドゥ

007 スペクター.』15年

1985年生まれ、パリ、フランス出身。2006年『Mes Copines』で女優デビュー。2008年、『美しいひと』で第34回セザール賞の有望新人女優賞ノミネート。2010年『美しき棘』で第36回セザール賞において再び有望新人女優賞にノミネート。2013年、主演したアブデラティフ・ケシシュ監督の『アデル、ブルーは熱い色』が第66回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞。その他主な出演作は、2014年「美女と野獣」、2015年「007スペクター」。

レイチェル・エミリー・ニコルス

『G.I.ジョー』09年

1980年メイン州オーガスタ出身。大学在学中にスカウトされ、モデルとしてキャリアを始める。2000年公開の『オータム・イン・ニューヨーク』で映画デビューし、2002年頃から本格的に俳優業に転身。2005年公開の『悪魔の棲む家』や同年放送の『エイリアス』で注目を集める。2007年公開の『P2』で映画初主演を果たした。

レイチェル・グリフィス

『本当のジャクリーヌ・デュ・プレ』00年
『オールド・ルーキー』03年

1968年オーストラリアのメルボルン出身。映画は94年の「ミュリエルの結婚」でオーストラリア映画批評家協会賞助演女優賞を受賞。また、98年の「ほんとうのジャクリーヌ・デュプレ」ではヒロインの姉を演じてアカデミー助演女優賞候補となった実力派女優で、その他の主な作品に「べスト・フレンズ・ウェディング」(1997)、「エイミー」(97)、「ディボーシング・ジャック」(98)、「ブロウ」(2001)、「シャンプー台の向こうに」(2001)などがある。

レイチェル・マクアダムス

きみに読む物語』05年
『きみがぼくを見つけた日』09年
『シャーロック・ホームズ』10年
恋とニュースのつくり方』11年
シャーロック・ホームズ2』12年
About Time13年
スポットライト 世紀のスクープ』16年
ドクター・ストレンジ』16年

1976年 カナダ/オンタリオ州出身。1998年のディズニー映画『The Famous Jett Jackson』でデビュー、2002年に『ホットチック』で注目を浴びる。2004年『ミーン・ガールズ』の学園の女王レジーナ役、また『きみに読む物語』のヒロイン役を演じてブレイクした。2005年スリラー『パニック・フライト』、オーウェン・ウィルソン、ヴィンス・ヴォーン主演のコメディ『ウェディング・クラッシャーズ』、ダイアン・キートン、サラ・ジェシカ・パーカー主演のロマンス『幸せのポートレート』のヒット作に出演。

レイチェル・ロバーツ

『シモーヌ』03年

1978年カナダ、バンクーバー生まれ。 「シモーヌ」が初の映画出演にしてハリウッド映画の主役を射止めた。16歳でモデルデビュー。有名ファッション誌の表紙を飾るスーパーモデル。ラルフ・ローレン、フェンディなどの人気ファッション・ブランドにもモデルとして登場、売れっ子だが、新たなるキャリア=女優を目指してニコール・キッドマンの個人演技指導クラスに契約して演技を学ぶ努力家でもある。

レイチェル・ワイズ

『アバウト・ア・ボーイ』02年
『ニューオリンズ・トライアル』04年
『コンフィデンス』04年
『ナイロビの蜂』06年
『アレクサンドリア』11年
ボーン・レガシー』12年

1971年イギリスのロンドン生まれ。舞台を活躍の場とし、ロンドン批評家協会の新人賞を得る。映画デビューは96年の「魅せられて」で、同年には「チェーン・リアクション」でハリウッド・デビューも果たす。99年「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」に続き、「スターリングラード」、そして01年の「ハムナプトラ2 黄金のピラミッド」では格闘シーンにも挑戦したが、今なお舞台活動にも熱を入れている。

レスリー・マン

『フィリップ、君を愛してる』10年
The Other Woman』14年

1972年カリフォルニア週出身。17歳の時にテレビのCMでデビュー。1997年に『ケーブル・ガイ』の製作をしていた映画監督及びプロデューサーのジャド・アパトーと結婚。以後、アパトー作品に出演することが多くなった。娘のアイリスとモードは『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』に出演した。その他出演作品は「セブンティーン・アゲイン」 (2009)、「フィリップ、きみを愛してる」 (2009)

レニー・ゼルウィガー

『ブリジット・ジョーンズの日記』01年
『シカゴ』03年
『恋は邪魔者』03年
『コールドマウンテン』04年
『ブリジット・ジョーンズの日記2』05年
『シンデレラマン』05年
ブリジット・ジョーンズの日記3』16年

 1969年テキサス州生まれ。93年、『パッド・チューニング』でスクリーンデビュー。その後、『リアリティ.バイツ』(94)、『エンパイア・レコード』(95)などに出演。『草の上の月』(96)では、サンダンス映画祭、インディペンデント・スピリッツ賞にノミネート。そして『ザ・エージェント』(96)でブロックパスター賞の最優秀助演女優賞を獲得。その後『ライアー』(97)、『母の眠り』(98)と出演作が続く。2000年度カンヌ映画祭で最優秀脚本賞を受賞した『ベティ・サイズモア』(00)では、ゴールデン・グローブ賞最優秀主演女優賞を獲得。

レネ・ルッソ

『ショウ・タイム』02年
『マイティー・ソー』11年
マイ・インターン』15年

『メジャーリーグ』(89)で映画デビュー。脚光を浴びたのは、『リーサル・ウェポン』の3作目(92)に登場した時。この好演でシリーズ4作目の『リーサル・ウェポン4』(98)にも出演。その他の出演作品に『The Adventure of Rocky and Bullwinkle』(02)『トーマス・クラウン・アフェアー』(99)『バディ』(97)『ティン・カップ』(96)『身代金』(96)『アウトブレイク』(95)『ゲット・ショーティ』(95)『ザ・シークレット・サービス』(93)『フリージャック』(92)『ニューヨーク・ジャスティス/許された犯罪(未)』(91)『MR.デスティニー』(90)、『Big Trouble』(02)。

レベッカ・ファーガソン

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』15年
マダム・フローレンス』16年

1983年生まれ、スウェーデン出身。ストックホルムの音楽学校で学び、1999年のテレビドラマ『Nya tider(原題)』で上流階級のアンナという女の子を演じ、好評をえました。ドラマの成功と長男の出産を経て、スウェーデンの南海岸に移り住む。そこでダンス教室を経営しながら、短編映画の女優として活動を続けた。有名にしたのは薔薇戦争を舞台にした2012年のBBC歴史ドラマ『The White Queen』。本作で、エリザベス・ウッドヴィルを演じ、ゴールデングローブ賞の最優秀女優賞にノミネート。

レベッカ・ホール

トランセンデンス』14年

1982年生まれ、イギリス・ロンドン出身。 2002年ジョージ・バーナード・ショーの『ウォレン夫人の職業』で舞台デビュー。2006年『Starter for Ten』に初出演し、続くクリストファー・ノーランの『プレステージ』で好演し、数々の新人賞候補に。2008年『それでも恋するバルセロナ』のヒロイン、ヴィッキー役で一躍脚光を集め、ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)にノミネート。その他、2013年「アイアンマン3」、2014年「トランセンデンス」に出演。

ロアン・シャバノル

トランスポーター イグニション』15年

1982年生まれ、フランス/パリ出身。 モデルとして『Elle』や『Marie Claire』などの雑誌にて表紙を飾る。『ジゴロ・イン・ニューヨーク』で映画初出演を果たす。2015年、カミーユ・ドゥラマーレ監督の『トランスポーター イグニション』でヒロインのアンナを演じる。

ロージー・ハンティントン=ホワイトリー

『トランスフォーマー』11年
マッドマックス 怒りのデス・ロード』15年

1987年生まれ、イギリス・デヴォン州出身。2004年のニューヨークコレクションでランウェイデビュー。2008年にはサム・ライリーとともにバーバリーのキャンペーンモデルをつとめた。 2009年からは、ヴィクトリアズ・シークレットエンジェルズの一員として活躍している。2011年、バーバリーの新フレグランス「バーバリーボディ」のキャンペーンモデルに起用され、話題を集める。

ローズ・バーン

X-MENファースト・ジェネレーション』11年

1979生まれ、オーストラリア/シドニー出身。デビュー映画は12歳の時に出演したオーストラリア映画『Dallas Doll』。以後、オーストラリアのテレビに多く出演していたが、2000年に入りアメリカ映画やイギリス映画にも進出している。2007年にアメリカで放送を開始したTVドラマ『ダメージ』のエレン・パーソンズ役を好演しエミー賞助演女優賞にノミネートされるなど、活躍の場を広げている。『ダメージ』は2011年にシーズン4が放送される。

ローラ・エレナ・ヘリング

『マルホランド・ドライブ』02年

メキシコ生まれ。2ヶ国語以上を自在にあやつる才女。85年にはラテン系ではじめてそして唯一人Miss.USAに選ばれ、彼女の女優としてのキャリアがスタート。彼女のスクリーンデビューはメキシコ大統領夫人を演じた『アラモ2』(87)。他に『情熱のランバダ』(90)などに出演し、最近では『リトル・ニッキー』(01)他、デンゼル・ワシントン主演の「JHONQ」にも出演している。昨年放映されたキリンビールのアクアラングのCMにも出演。

ローラ・ダーン

『遠い空の向こうに』00年
『アイ・アム・サム』02年

11歳の時から映画デビュー。85年の「スムース・トーク」で新人賞、91年「ランブリング・ローズ」でアカデミー賞主演女優賞にもノミネートされる。 その他の出演作品は「ブルーベルベッド」86年、「シャドー・メーカーズ」89年、「ジュラシック・パーク」、「パーフェクト・ワールド」93年、『遠い空の向こうに』00年、「Dr.Tと女たち」01年、「アイ・アム・サム」02年など。

ローラ・リニー

『ミスティック・リバー』04年
『ラブ・アクチュアリー』04年

1964年ニューヨーク生まれ。地方の劇場やオフ・ブロードウェイに出演してシアター・アワード賞を受賞。ブロードウェイではイーサン・ホークやジョン・ヴォイドと共演して高い評価を得た。92年「ロレンツォのオイル/命の詩」で映画デビュー。「デーヴ」、「ボビー・フィッシャーを探して」と脇役ながら秀作にも恵まれ95年の「コンゴ」で初主演。「真実の行方」、「目撃」ではリチャード・ギアやイーストウッドと肩を並べる演技を見せた。「トゥルーマン・ショー」のコメディエンヌぶりも好評だった。

ローリー・ホールデン

『マジェスティック』02年

ロサンゼルスに生まれる。義父マイケル・アンダーソン(『80日間世界一周』)演出のミニシリーズ「The Martin Chronicles」で子役としてデビューし、ロック・ハドソンの娘役を演じた。10代の頃、ジョン・カサブランカ主催の“ルック・オブ・ザ・イヤー”モデルコンテストに優勝。大学卒業時は優等生の表彰状と、プロデューサーのギル・ゲイツからナタリー・ウッド最優秀女優賞を獲得した。

ロザリオ・ドーソン

『7つの贈り物』09年
『アンストッパブル』11年
シン・シティ 復讐の女神』15年

1979年アメリカ、ニューヨーク生まれ。スカウトされて『KIDS/キッズ』でデビューし、高い評価を得る。その後、本格的にリー・ストラスバーグ演劇学校で学ぶ。以後、クエンティン・タランティーノ、ケヴィン・スミス、オリヴァー・ストーン、ロバート・ロドリゲスなどの作品に出演、コメディからシリアスまで、幅広い演技を見せている。

ロザムンド・パイク

『ダイ・アナザー・デイ』03年
アウトロー』13年
ゴーンガール』14年

1979年イギリス生まれ。学内の劇団による『じゃじゃ馬ならし』のツアー公演に参加し、日本を訪れた彼女は大阪と京都の劇場、東京のグローブ座などの舞台に。 また有名なオックスフォード・プレイハウスの夜の舞台に何度か立ち、スティーヴン・ジェフリーズの戯曲“The Libertine”では王政復古期の女優エリザベス・バリーを、アーサー・ミラーの戯曲『みんな我が子』ではヒロインのアン役を演じた。BBCの大作“Wives and Daughters”(99)のレディ・ハリエット役に抜擢。

ロビン・ライト・ペン

『アンブレイカブル』01年
マネーボール』11年
ドラゴン・タトゥーの女』12年

1966年生まれテキサス州ダラス出身。87年に「プリンセス・ブライド・ストーリー」で映画デビュー。99年ケビン・コスナーと共演したロマンティック・ドラマ「メッセージ・イン・ア・ボトル」にも出演。 主な出演作は98年「Hurlyburly」、96年「モル・フランダース」、94年「フォレス・ガンプ/一期一会」、95年「クロッシング・ガード」、01年「アンブレイカブル」

和久井 映見

プリンセス・トヨトミ』11年

1970年生まれ、神奈川県横浜市出身。JR「青春18きっぷ」のキャンペーンでデビュー。1988年『花のあすか組!』でドラマ初出演。1990年にCDデビュー。アルバムも出した。1991年、映画『息子』で日本アカデミー賞助演女優賞授賞。1993年『虹の橋』で同主演女優賞などを受賞。 サントリー「モルツ」ビールのCM「うまいんだな、これが」が流行語になった。

 
映画の部屋トップ    トップページ