本 の 部 屋


更新日:2018. 7. 20
 トップページ

私が最近読んだ数冊
1807-2 1807-1 1806-1
表紙 SRO-Ⅵ 富樫倫太郎 SRO-Ⅴ 富樫倫太郎 SRO-Ⅰ 富樫倫太郎
題名 SRO-Ⅵ
警視庁広域捜査専任調査室
四重人格
SRO-Ⅴ
警視庁広域捜査専任調査室
ボディーファーム
SRO-Ⅰ
警視庁広域捜査専任調査室
作者 富樫倫太郎 富樫倫太郎 富樫倫太郎
あら
すじ
・概説
東京と秋田で、トリカブトによる毒殺事件が発生。手口に一貫性がなく、同一犯か複数犯か絞れず捜査は難航していた。その最中、耳や手首が切り取られた惨殺死体、銃殺死体が東京近郊で相次いで見つかる。すべての現場に残る同一人物の指紋から、SRO室長の山根新九郎はある仮説を立て犯人に迫っていく。
本性を隠し潜伏生活を送っていた最凶の殺人鬼・近藤房子が再び動き出した。巧みに変装しながら捜査の目をかいくぐり、残虐な殺人を重ねる。焦った警視庁上層部は、房子が執着するSRO副室長の芝原麗子を囮に逮捕せよと、室長の山根新九郎に迫るのだが--。

警視庁に新設された広域捜査専任特別調査室、通称「SRO」。総勢7名の小所帯にもかかわらず5人がキャリアという、管轄の枠を超えた花形部署のはずが、その内実は訳ありだった。山梨で発見された白骨死体をきっかけに、史上最凶の連続殺人犯「ドクター」を追う調査員たち。警察組織の限界に迫る。
139x195 90x130
1805-1 1804-1  1803-1
北斗/石田衣良  犯罪者/太田愛 幻夏/太田愛
1802-1 1801-1 1712-1 1711-2
石の繭/麻見和史 さらば荒野/北方謙三 リターン/矢月秀作 クライシス/周木律
1711-1 1710-2 1710-1 1709-1
ミッドナイト・サン/沢村鐵 屋上のテロリスト/知念実希人 触発/今野敏 共犯捜査/堂場瞬一
1708-1 1707-1 1706-2   1706-1
潜る女/堂場瞬一 広域指定/安東能明 雪煙チェイス/東野圭吾 祈りの幕が下りる時/東野圭吾


私が読んだ作者別作品   
池井戸潤 内田康夫 江國香織 斎藤栄
辻仁成  堂場瞬一  夏樹静子 西村京太郎
東野圭吾  百田尚樹 松本清張 宮部みゆき
村上春樹   森村誠一   米澤穂信  その他 


 トップページ  このページの先頭