本 の 部 屋


更新日:2018. 2. 10
 トップページ

私が最近読んだ数冊
1802-1 1801-1 1712-1
表紙 石の繭/麻見和史 さらば荒野/北方謙三 リターン/矢月秀作
題名 石の繭
さらば荒野
リターン
作者 麻見和史 北方謙三 矢月秀作
あら
すじ
・概説
モルタルで石像のごとく固められた変死体が発見された。翌朝、愛宕署特捜本部に入った犯人からの電話。なぜか交渉相手に選ばれたのは、新人刑事の如月塔子だった。自らヒントを提示しながら頭脳戦を仕掛ける知能犯。そして警察を愚弄するかのように第二の事件が。
港町にある酒場「ブラディ・ドール」店のオーナー・川中良一の元に、市長の稲村からある提案が持ちかけられた。その直後、弟の新司が行方不明になっていることを知った川中は、手掛かりを摑むために動き出す。新司は勤務先から機密事項を持ち出し、女と失踪していることが判明した。いったい弟は何を持ち出したのか?!そして黒幕は。
静岡市議会議員・阿南光利が立案した水産加工センター建設を巡り、反対運動が過熱。背後には暴力団、さらには阿南の高校時代の旧友を殺した男の影が。静岡県警銃対課の一ノ瀬は、親友・阿南を助けるために立ち上がるが、そこに待ち受けていたのは13年間隠されていた驚愕の真実だった。

139x195 90x130
1711-2 1711-1 1710-2 1710-1
クライシス/周木律 ミッドナイト・サン/沢村鐵 屋上のテロリスト/知念実希人 触発/今野敏
1709-1 1708-1 1707-1 1706-2 
共犯捜査/堂場瞬一 潜る女/堂場瞬一 広域指定/安東能明 雪煙チェイス/東野圭吾
 1706-1  1705-1  1704-1  1703-1
祈りの幕が下りる時/東野圭吾
 1612-1  1610-1  1608-1  1606-1
水鏡推理Ⅱ 夢幻花/東野圭吾


私が読んだ作者別作品   
池井戸潤 内田康夫 江國香織 斎藤栄
辻仁成  堂場瞬一  夏樹静子 西村京太郎
東野圭吾  百田尚樹 松本清張 宮部みゆき
村上春樹   森村誠一   米澤穂信  その他 


 トップページ  このページの先頭