本 の 部 屋


更新日:2020. 1. 24
 トップページ

私が最近読んだ数冊
2001-1 1911-1 1905-1
表紙 堂場瞬一/報い 渡辺裕之/紅の五星 渡辺裕之/冷たい狂犬
題名 報い  紅の五星  冷たい狂犬
作者 堂場瞬一  渡辺裕之  渡辺裕之
あら
すじ
・概説
 警察に届けられた一冊の日記。そこに記された内容から、二年前に起きた強盗致死事件の容疑者として、辰巳という男が浮上する。未解決事件を追う追跡捜査係の沖田は宇都宮に急行するも、到着直後、辰巳は重症を負った姿で発見され、死亡してしまう。容疑者特定の矢先の出来事に、沖田と栃木県警は当惑を隠せない。一方同係の西川は別の事件の資料を読み返し、頭を悩ませる。
 かつて冷たい狂犬と世界から恐れられた元公安調査官の影山夏樹。商用で訪れた東南アジアで空港テロに遭遇した夏樹は、中国の伝説の諜報員にして恩師の梁羽から時限的に協力を要請される。黄色五星と名乗る謎のテロリストは中国の仕業を装っているらしい。暗躍に否応なく巻き込まれてしまった夏樹は、諜略の黒幕に迫るべく広大なフィリピンを奔走するが・・
日本のCIAと呼ばれる公安調査庁を退職して、カフェを営む影山夏樹。彼はかつて中国や北朝鮮から冷たい狂犬と畏怖されていた。だが突如、以前の上司から依頼があった。中国高官と接触する内閣情報調査室の幹部のスパイ行為の証拠を押さえてほしいという。取引現場は韓国カジノ。夏樹はコンビの真木麗奈とともに韓国へ飛び立つが、そこには中国の伝説の諜報員が待ち構えていた。
139x195 90x130
  1902-1 1901-1 1812-1
  伊岡瞬/代償 深町秋生/PO警視庁組対三課・片桐美波 奪還の日/堂場瞬一
1811-1 1810-1 1809-1 1808-2
Qrosの女/誉田哲也 卑怯者の流儀/深町秋生 ドッグ・メーカー/深町秋生 殺人症候群/貫井徳郎
1808-1 1807-2 1807-1 1806-1
SRO-Ⅶ 富樫倫太郎 SRO-Ⅵ 富樫倫太郎 SRO-Ⅴ 富樫倫太郎 SRO-Ⅰ 富樫倫太郎
1805-1 1804-1  1803-1
北斗/石田衣良  犯罪者/太田愛 幻夏/太田愛


私が読んだ作者別作品   
池井戸潤 内田康夫 江國香織  斎藤栄
辻仁成  堂場瞬一   富樫倫太郎 夏樹静子
西村京太郎  東野圭吾 百田尚樹  深町秋生
誉田哲也 松本清張 宮部みゆき  村上春樹
 森村誠一   米澤穂信   その他  


 トップページ  このページの先頭