読書録 東野圭吾作品


更新日:2017. 6. 20 本の部屋    トップページ

私が読んだ東野圭吾作品一覧
題      名 あ      ら      す      じ
赤い指 少女の遺体が住宅街で発見された。捜査上に浮かんだ平凡な家族。この家には隠されている真実がある。それはこの家の中で、彼ら自身の手によって明かされなければならない。刑事・加賀恭一郎の謎めいた言葉の意味は?
悪意 人気作家が仕事場で殺された。第一発見者は妻の理恵と被害者の幼馴染。犯行現場に赴いた刑事の推理。逮捕された犯人が決して語らない動機とは。
あの頃の誰か メッシー、アッシー、ミツグ君、長方形の箱のような携帯電話、クリスマスイブのホテル争奪戦。あの頃、誰もが騒がしくも華やかな好景気に躍った。時が経ち、歳をとった今こそ振り返ってみませんか。あなただったかもしれない誰かの物語。
あの頃ぼくらはアホでした 悪の巣窟、悪名とどろくオソロシイ学校で学級委員をやっていた中学時代。日本で最初の学園紛争が起こり、制服が廃止された有名校での熱血高校時代。花の体育会系&非理系だった大学時代。怪獣少年だった小学校時代から大学を出て就職するまでをつづる傑作青春記。
怪しい人びと 俺は同僚の片岡のデートのために一晩部屋を貸す。その後、片岡から聞いた二人の同僚、本田と中山にも部屋を貸すことになる。3ヶ月後のある日、車から部屋に戻ると、見知らぬ女が寝ていて・・。あなたのそばにいる優しい人が、いつの間にか怪しい人びとに・・。
ある閉ざされた雪の山荘で 乗鞍高原のペンションに集まった、オーディション合格の男女七名。これから舞台稽古が始まる。豪雪に襲われ孤立した山荘での殺人劇だ。だが、一人また一人と現実に仲間が消えていく。はたしてこれは本当に芝居なのか?驚愕の終幕が。
  祈りの幕が下りる時 明治座に幼なじみの演出家を訪ねた女性が遺体で発見。捜査を担当する松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、遺品に日本橋を含む12の橋の名が書き込まれていることに加賀恭一郎は激しく動揺。それは孤独死した彼の母につながっていた。
ウィンクで乾杯 コンパニオン小田香子は恐怖のあまり声も出なかった。仕事先のホテルの客室で、同僚牧村絵里が、毒入りのビールを飲んで死んでいた。現場は完全な密室、警察は自殺だというが・・。やがて絵里の親友由加利が扼殺され、香子にまで見えざる魔の手が迫ってきた。誰が、なぜ。
嘘をもうひとつだけ バレエ団の事務員が自宅マンションのバルコニーから転落、死亡。自殺で処理の方向に。だが、同じマンションに住む元プリマ・バレリーナのもとに一人の刑事がやってきた。彼女には殺人動機はなく、疑わしい点は何もないはずだ。ところが・・。
美しき凶器 世界的に活躍したスポーツ選手の彼らには葬りたい過去がある。毒蜘蛛のように忍び寄る影が彼らを襲う。
おれは非情勤 おれは、小学校の非常勤講師。赴任して2日目、体育館で女性教諭の死体が発見された。傍らには謎のダイニングメッセージが。盗難、自殺、脅迫、果ては毒殺未遂まで、行く先時の学校で起こる怪事件。見事な推理を展開するクールな非常勤講師の活躍を描く異色ミステリー。
怪笑小説 年金暮しの老女が芸能人のおっかけにはまり、乏しい財産を使い果たしていく。タヌキには超能力がある、UFOの正体は文福茶釜である、という説に命をかける男。周りの人たちが人間以外の動物に見えてしまう中学生の悲劇。ちょっとブラックで、怖くて、おかしい人間たち。
回廊亭殺人事件 妻子を持たない高顕の莫大な財産の相続にあたり、彼の遺言状が一族の前で公開されることになった。公開場所は旅館「回廊亭」。一族のほかには、菊代という老婆が招待されていた。だが菊代の真の目的は半年前に回廊亭で起きた心中事件の真相を探ることだった。
学生街の殺人 学生街のビリヤード場で働く津村光平の知人で、脱サラした松木が何者かに殺された。「俺はこの街が嫌いなんだ」と数日前に不思議なメッセージを光平に残して。第二の殺人は密室状態で起こり、恐るべき事件は思いがけない結末に展開していく。
片想い 十年ぶりに再会した美月は、男の姿をしていた。彼女から、殺人を告白された哲郎は、美月の親友である妻とともに、彼女をかくまうが。十年という歳月は、かつての仲間たちを、そして自分を、変えてしまったのだろうか。
カッコウの卵は誰のもの  往年のトップスキーヤー緋田宏昌は妻の死を機に驚くべきことを知る。一人娘の風美は彼の実の娘ではなかった。愛情を注いだ娘は、父を凌ぐスキーヤーに成長。そんな二人の前に才能と遺伝子の関係を研究する科学者が現れる。一方、風美の大会出場を妨害する脅迫者が現れる。
仮面山荘殺人事件 八人の男女が集まる山荘に逃亡中の強盗犯が侵入。一人が殺される中、七人は疑心暗鬼に。
ガリレオの苦悩 悪魔の手と名のる人物から、送りつけられた怪文書。連続殺人の犯行予告と、帝都大学準教授・湯川学を名指しで挑発する文面が。犯人の狙いは何か? 常識を超えた恐るべき殺人方法とは? 
虚像の道化師 5階の新興宗教の道場から、信者の男が転落死。男は何かから逃れるように勝手に窓から飛び降りた様子だったが、教祖は自分が念を送って落としたと自首。教祖は本当にその力を持っているのか、そして湯川はからくりを見破ることが出来るのか。他6編。
  禁断の魔術 高校の物理研究会で湯川の後輩にあたる古芝伸吾は、育ての親の姉が亡くなり大学を中退し町工場で働いていた。フリーライターが殺された。彼は代議士の大賀を追っており、また大賀の担当の新聞記者が伸吾の姉だったことが判明する。伸吾が失踪し、湯川は伸吾のある”企み”に気づくが・・・。
ゲームの名は誘拐 娘を人質にした狂言誘拐。ゲームの達人に携帯電話、インターネットを駆使し身代金三億円の奪取を狙う。
幻夜 阪神大震災の混乱の中で、衝動的に殺人を犯してしまった男。それを目撃した女。二人は手を組み、東京へ出る。女を愛しているがゆえに、彼女の指示のまま、悪事に手を染めてゆく男。やがて成功を極めた女の思いもかけない真の姿が浮かび上がる。彼女はいったい何者か。
黒笑小説 作家の寒川は、文学賞の選考結果を待っていた。格好をつけながらも、内心は賞が欲しくてたまらない。一方、編集者は「受賞を信じている」と熱弁しながら、心の中で無理だなとつぶやく。文学賞をめぐる人間模様を皮肉たっぷりに描いた黒い笑いに満ちた傑作が満載の短編集。
心とろかすような 探偵事務所に飼われた元警察犬のマサの目を通して描く五つの事件。
サイエンス 作者自身が理科系出身で科学系の小説を書く業界の作者たちについてのエッセイ集
殺人現場は雲の上 同期入社の花のスチュワーデス。凸凹コンビの二人が奇妙な事件に遭遇する。
殺人の門 「倉持修を殺そう」と思ったのはいつからだろう。悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。数多くの人間が不幸に。あいつだけは生かしておいてはならない。でも私には殺すことが出来ないのだ。殺人者になるために、私に欠けているものは・・。
さまよう刃 長峰の一人娘・絵摩の死体が発見される。花火大会帰りに未成年の少年グループによって蹂躙された末の遺棄。謎の密告電話によって犯人を知った長峰は娘の復讐に乗り出した。
疾風ロンド 生物兵器を雪山に埋めた。雪が解け、気温が上昇すれば散乱する仕組み。場所を知りたければ3億円を支払え。そう脅迫してきた犯人が事故死。生物兵器の回収を命じられた研究員は、息子と共に、あるスキー場に。だが予想外の出来事が、次々と彼らを襲う。
しのぶセンセにサヨナラ 浪花のヘプバーンことしのぶセンセがパワーアップ。 浪花っ子の下町青春期という言葉がぴったりのミステリー連作集
11文字の殺人 恋人が殺され、大切な資料が盗まれた。次々と人が殺され、11文字に秘められた真実とは
十字屋敷のピエロ 僕はピエロの人形。人形だから動けない。しゃべる事も。殺人者は安心して僕の前で凶行を繰り返す。もし、僕が読者のあなたにだけ、目撃したことを語れるならば。
宿命 刑事と容疑者、幼馴染の二人が宿命の対決を果たす時、皮肉で感動的な結末が。
使命と魂のリミット 「医療ミスを公表しなければ病院を破壊する」突然の脅迫状に揺れる大学病院。医療ミスなどないと断言する心臓血管外科の権威・西園教授。しかし、研修医・氷室夕紀は、その言葉を鵜呑みに出来ない。西園が執刀した手術で死亡した彼女の父は、あの日手術室で何が。
新参者 日本橋の片隅で一人の女性が絞殺。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎の前に立ちはだかるのは、人情という名の謎。手がかりをくれるのは江戸情緒残る街に暮らす普通の人々。大切な人を守るために生まれた謎が犯人へとつながっていく。
聖女の救済 資産家の男が自宅で毒殺。毒物混入方法は不明、男から一方的に離婚を切り出されていた妻には鉄壁のアリバイが。難航する捜査のさなか、草薙刑事が美貌の妻に魅かれていることを察した内海刑事は、独断でガリレオこと湯川学に協力を依頼する。
  雪煙チェイス 殺人の容疑をかけられた大学生の脇坂竜実。彼のアリバイを証明できる−正体不明の美人スノーボーダーを探しに、竜実は日本屈指のスキー場に向かう。彼を追うのは「本庁より先に捕えろ」と命じられた所轄の刑事・小杉。村の人々も巻き込み、広大なゲレンデを舞台に予測不能のチェイスが始まる。。
卒業 卒業を控えた大学四年の秋、女子大生が死んだ。親友の沙都子は仲間とともに残された日記帳から真相を探っていく。鍵のかかった下宿先での死は自殺か、他殺か。彼女が抱えたてた誰にも打ち明けられない秘密とはなんだったのか。そして第二の事件が起こる。
ダイイング・アイ 雨村慎介は何者かに襲われ、頭に重傷を負う。犯人の人形職人は、慎介が交通事故で死なせた女性の夫。慎介が事故につていて調べ始めると、周囲の人間たちは不穏な動き。やがて慎介の前に妖しい魅力に満ちた謎の女が。女の正体は、人形職人が甦らせた最愛の妻なのか?
探偵ガリレオ 警視庁捜査一課の草薙が説明もつかない難事件にぶつかった時必ず訪ねる友人がいる。帝都大学物理学科助教授の湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む連作ミステリー。
探偵倶楽部 VIP専用の会員制調査機関<探偵倶楽部>が難事件を鮮やかに解決する。
チャレンジ 作者自身がスノーボードにチャレンジし出版業界の人たちとスノボに夢中になるエッセイ集
超・殺人事件 どんな小説に対してもたちどころに書評を作成する機械が、推理小説界を一変させる。「超読書機械殺人事件」をはじめ、推理小説誕生の舞台裏をブラックに描いた危ない小説8連発。
鳥人計画 日本ジャンプ会のホープが殺されコーチが犯人。何故?単純に見えた殺人事件の背後に隠された驚くべき計画。踏切、空中姿勢、風圧、筋力、あらゆる要素を極限まであの男のデータに近づける計画は極秘のうちに進行しつつあった。
手紙 強盗殺人で服役中の兄から弟のもとに獄中から手紙が届く。弟は進学、恋愛、就職と幸せをつかもうとするたびに、強盗殺人犯の弟という運命が立ちはだかる苛酷な現実。
天空の蜂 奪取された超大型特殊ヘリコプターには爆薬が満載。無人操縦でホバリングしているのは、稼働中の原子力発電所の真上。日本国民すべてを人質にしたテロリストの脅迫に対し、政府が下した非情の決断とは。そしてヘリの燃料が尽きるとき。驚愕のクライシス。
天使の耳 日常起こりうる交通事故がもたらす人々の運命の急転を活写した連作ミステリー。
同級生 同級生の由紀子は俺の子を身ごもったまま、俺の愛が本物と信じたまま事故死。俺に出来る償いは本気の関係だったと皆に告白することと事故の真相を暴くことだけだった。やがてある女教師が関わっていたことを突き止めるが。
時生 不治の病を患う息子に最期の時が訪れつつある時、宮本拓実は妻に二十年以上前に出合った少年との思い出を語りはじめる。どうしようもない若者だった拓実は「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った。
どちらかが彼女を殺した 最愛の妹が偽装され殺害。豊橋署に勤務する兄は独自の現場検証で、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人はかつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉薄する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。
浪速少年探偵団 竹内しのぶ、25歳、独身。六年五組担任の教師。ちょっと見は丸顔の美人だが、口も早いし手も早い。クラスの福島の父親が殺され、事件解決のためにしのぶセンセと教え子探偵団が大活躍。エリートの本間と刑事の新藤もしのぶをめぐって恋のさや当て大捜査線。
  ナミヤ雑貨店の奇蹟 悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこは悩み相談を請け負っていた雑貨店。廃業している店内に、悩み相談の手紙が。時空を超えて過去から投稿されたのか?3人は当時の店主に代わって返事を書くが。次第に明らかになる雑貨店の秘密。悩める人々を救ってきた雑貨店は、最後に再び奇跡を起こせるか?
虹を操る少年 「光にメロディがあるの?」「あるさ。みんな、そのことに気づいていないだけさ」。光を演奏することでメッセージを発信する天才高校生・光瑠。彼の「光楽」に、感応し集う若者たち。しかし、その力の大きさを知った大人たちの魔の手が忍び寄る。
眠りの森 美貌のバレリーナが男を殺したのは、正当防衛だったのか?完璧な踊りを求めて一途に稽古に励むバレエ団のプリマたち。美女たちの世界に迷い込んだ男は死体になっていた。若き敏腕刑事は浅岡未緒に魅かれ、事件の真相に肉薄する。
白銀ジャック 年の瀬のスキー場に脅迫状が。警察に通報できない状況をあざ笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。
白馬山荘殺人事件 謎のハガキを残して自殺した兄の死に疑惑を抱いていたナオコは友人と兄の死んだ信州白馬のペンションを訪ねた。極秘に兄の死を究明する二人の前に立ちはだかるマザー・グースの唄の謎。ペンションに隠された過去の秘密とは?
パラドックス13 13時13分13秒、街から人が消えた。無人の東京に残された境遇も年齢も異なる13人の男女。なぜ彼らが選ばれたのか。大雨と地震に襲われる瓦礫の山と化した街。生き抜こうとする人たちの共通点が見えてくる。世界が変われば善悪も変わり殺人すらも善となる。極限状態で見えてくる人間の心理とは。
パラレルワールド・ラブストーリー 親友の恋人は、かつて自分が一目惚れした女性だった。ところがある日の朝、目を覚ますと、彼女は自分の恋人として隣にいた。混乱する崇史。どちらが現実なのか? 存在する二つの世界と、消えない二つの記憶。交わることのない世界の中で恋と友情は翻弄されていく。
犯人のいない殺人の夜 親友が死んだ。枯れ葉のように校舎の屋上から落ちて。刑事たちが自殺の可能性を考えていることは俺にもわかった。しかし。犯人がいないのに殺人があった。でも犯人はいる。様々な欲望が交錯した一夜の殺人事件など、人間心理のドラマとミステリー
秘 密 妻の葬儀の夜、意識を取り戻した小5の娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻。その日から切なく奇妙な秘密の生活が始まった。
プラチナデータ 国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA捜査システム。その関係者が殺害。神楽は犯人を突き止めようとするが、コンピュータが示したのはなんと彼の名前。革命的システムの裏に隠された陰謀とは?
ブルータスの心臓 産業ロボット開発技師がオーナーの娘の婿養子候補。 大阪、名古屋、東京を結ぶ完全犯罪殺人リレー
分 身 函館生まれの氏家鞠子は18歳。札幌の大学に通う。最近、自分に瓜二つの女性がテレビに出ていたと聞く。小林双葉は東京の女子大生で20歳。アマチュアバンドの歌手だが、何故か母親からテレビ出演を禁止される。鞠子と双葉、二人を結ぶものは?現代医学の危険な領域を描く。
変 身 平凡な青年・成瀬純一をある日突然不慮の事故が襲う。そして彼の頭に世界初の脳移植手術が。画家を夢見て、優しい恋人を愛していた純一は、徐々に性格が変わっていくが自分ではどうしようもない。自己崩壊の恐怖に駆られた純一は自分に移植された脳の持ち主の正体を。
放課後 校内の更衣室で生活指導の教師が死んでいた。先生を二人だけの旅行に誘う問題児、頭脳明晰の美少女・剣道部の主将、先生をナンパするアーチェリー部の主将。−犯人候補は続々登場する。そして、運動会の仮装行列で第二の殺人が・・。
魔 球 九回裏二死満塁、春の選抜高校野球大会、開陽高校のエース須田武志は、最後に揺れて落ちる”魔球”を投げた。すべてはこの一球に込められていた。捕手北岡明は大会後まもなく、愛犬と共に刺殺体で発見。野球部の部員たちは疑心暗鬼に。高校生活最後の暗転と永遠の純情を描いた青春推理。
  マスカレード・イブ ホテルで働く山岸尚美は、ある客の仮面に気づく。一方、殺人事件の捜査にあたる新田浩介は、一人の男に目をつけた。事件の夜、男は大阪にいたと主張するが、なぜかホテル名を言わない。守りたい秘密とは何なのか。客の仮面を守り抜くのが彼女の仕事なら、殺人の仮面を暴くのが彼の職務。二人が出会う前の、それぞれの物語。
  マスカレード・ホテル 不可解な連続殺人。容疑者もターゲットも不明。残された暗号から次の犯行場所が一流ホテル・コルテシア東京。刑事・新田浩介は、ホテルマンに化けて潜入捜査につく。彼を教育するのは、山岸尚美。怪しげな客たちが訪れる中、二人は真相に辿り着けるのか
真夏の方程式 夏休みを玻璃ヶ浦にある伯母一家経営の旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、その宿に宿泊することに。翌朝、もう一人の宿泊客が死体で見つかる。その客は元刑事で、かつて玻璃ヶ浦に縁のある男を逮捕したことがあった。事故か、殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは。
むかし僕が死んだ家 「あたしには幼いころの思い出が全然ない」。7年前に別れた恋人の記憶を取り戻すため、私は彼女と幻の家を訪れた。それはめったに人が来ることのない山の中にひっそりと立つ異国調の白い小さな家だった。そこで二人を待ち受ける恐るべき真実とは。
  夢幻花 花を愛でながら余生を送る老人が殺された。発見者の孫娘は庭から消えた黄色い花の鉢植えが気になり、ブログにアップし、知り合った大学院生と真相究明に乗り出す。一方、西荻窪署の刑事も別の思いを胸に事件を追う。
名探偵の掟 完全密室、時刻表トリック、バラバラ死体に童謡殺人。フーダニットからハウダニットまで、12の難事件に挑む名探偵・天下一大五郎。すべてのトリックを鮮やかに解き明かした名探偵が辿り着いた、恐るべき「ミステリー界の謎」とは?
名探偵の呪縛 図書館を訪れた私は、いつの間にか別世界に迷い込み、探偵天下一になっていた。次々起こる怪事件。だが何かがおかしい。実はそこは、本格推理という概念の存在しない街だったのだ。この街を作った者の正体は? そして街にかけられた呪いとは何なのか。
夢はトリノをかけめぐる 直木賞受賞パーティーの翌日、受賞作家は成田に。隣にはなぜか人間に化けた作家の愛猫・夢吉が。彼らが向かったのはイタリア・トリノ。まさに冬季オリンピックが開かれている地。指さし会話で国際交流をしながら、驚きと感動に満ちた観戦旅行が始まった。
夜明けの街で 不倫する奴なんて馬鹿。その台詞を自分に対して発しなければ。建設会社に勤める渡部は、仲西秋葉と不倫の恋に。二人の仲は急速に深まり、彼女が抱える複雑な事情を知る。15年前、父親の愛人が殺される事件が起こり、秋葉はその容疑者とされていた。彼女は新犯人なのか?
容疑者Xの献身 天才数学者でありながら不遇な日々を送っていた高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子にひそかな思いを寄せていた。彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、二人を救うため完全犯罪を企てる。
予知夢 深夜、16歳の少女の部屋に男が侵入し、気が付いた母親が猟銃を発砲。取り押さえられた男は、17年前に少女と結ばれる夢を見たと主張。その証拠は、男が小学四年生の時に書いた作文。はたして偶然か、妄想か。
流星の絆 何者かに両親を惨殺された三兄妹は、流れ星に仇討ちを誓う。14年後、世間を敵視しながら生きる彼らの前に、犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。三人で完璧に仕掛けたはずの復讐計画。その最大の誤算は、妹の恋心だった。
レイクサイド 妻は言った。「あたしが殺したのよ」−湖畔の別荘には、夫の愛人の死体が横たわっていた。四組の親子が参加する中学受験の勉強合宿で起きた事件。親たちは子供を守るため自らの手で犯行を隠ぺいしようとするが。。
私が彼を殺した 婚約中の男性の自宅に突然現れた一人の女性。男に裏切られた彼女は服毒自殺を。男は自分との関わりを隠そうと。醜い愛憎の果て、殺人が。容疑者は3人。事件の鍵は女が残した毒入りカプセルの数とその行方。加賀刑事が探り当てた真相に、読者はどこまで迫れるか。

 トップページ 本の部屋   このページの先頭